ようこそ。ここは草野巧のホームページです。
フランボワイヤン・ワールド
モンスター解体新書
フランボワイヤン・ワールド・トップモンスター解体新書目次





ギルタブリル
Girtablulu

 脊椎怪物  ほ乳類  半人半蠍型  ギルタブリル  身長:1.8m  雑食性
■死者の国へ通じる洞窟を守る門番

 ギルタブリルは古代バビロニア王国(現在のイラクのあたり)で生まれた、サソリのモンスターです。上半身と脚が人間で、腰のあたりがサソリの姿をしており、毒針のあるサソリの尾がついています。人間と同じ知性があり、いつも弓矢を持ち、その矢にはサソリの毒が塗ってあります。人間の顔をしていますが、その姿はいかにも恐ろしげで、勇敢な人間でも震えがくるほどです。しかし、ギルタブリルはめったやたらと毒矢を射るようなことはしません。ギルタブリルは王や神々に仕えているモンスターで、王宮や町の入口で門番の役目をするのが仕事だからです。禁止されているのに無理矢理入ろうとしない限り、毒矢で射られる心配はないのです。山岳地帯にある死者の国へ通じる洞窟の入口でも、ギルタブリルが番をしています。このため、生きた人間は絶対に死者の国へ入り込むことができません。ギルガメシュという英雄がこの洞窟を通ったことがありますが、彼は普通の人間ではなく、神の血を引いていたので、そうすることを許されたのです。ギルタブリルはサソリの毒があるというほかはそれほど人間と違わないようで、結婚して夫婦で暮らすこともあります。
(モンスター解体新書のイラストはすべて福地貴子さんが描いています。)
幻想動物学

Copyright(C) 草野巧 All Right Reserved